【語学】英語教育は小学校低学年から必要なのか

english
1: 海江田三郎 ★ 2017/03/20(月) 10:33:15.29 ID:CAP_USER

http://webronza.asahi.com/culture/articles/2017030900005.html

国際化とは英語を話すことではない
 近年、大学を含めて「英語」で授業を行うことをもって「国際化」だと称する傾向が強まっている。従来、外資系企業や商社などが、
グローバリゼーションの流れのなかで、英語の話せる社員を養成してきたが、その役割を大学を含めた教育機関に担わせようという思惑の結果が、今日の状況であろう。
 この流れは2000年代に文部科学省が作ったようだが、その後企業の文科省への攻勢が強まり、そして2010年、
「ユニクロ」などを傘下にもつ持株会社ファーストリテイリングや楽天による英語の「社内公用語化宣言」が流れに火をつけた。
そしていま文科省は、その種の動きを楯に、ますます無定見な方向に突っ走っている。
 だが、「国際化」とは、英語を話すことをもって達成されるとするのは、単視眼的な発想にすぎない。まして英語による授業を行うことがその手段だという発想には、あきれてものが言えない。
 国際化とは、どんな言語を使うかとは無関係に、何語によってであろうと、国際的な視野をもち、国際的な評価に値するような能力・実績をもつ人
材を育てることであろう。そうした人材を育てるためには、新しい発想を得る直観力と同時に、論理的にものを考える思考力、
多様な対象を分析し的確な範疇にまとめあげる理解力が、圧倒的に重要である。

創造的な仕事には母語能力の陶冶が必要である
 だがそうした思考力・理解力を養うために必要なのは、英語を話し・聞くことではなく、なによりも母語を駆使する能力を陶冶(とうや)することである。
私たちは母語によってものを考え、母語によって事柄を理解しようとする。小さな相違・複雑で微妙な意味内容等を理解し、
それを下に新たな知見を導く思考力を鍛えるためには、母語の能力そのものを鍛えることが決定的に重要である。
 なるほど日本語の文献・資料がないときに、外国語(例えば英語)のそれによって事柄を理解しようとすることは重要であろう。
それによって視野が広がり理解が深まるのは確かである。だがそれはあくまで補助的な手段であって、創造の核となる理解・思考は母語でこそ可能になる。
 仮に英語で考えようとしても(あるいは話そうとしても)、少しく複雑な事柄を、あるいはかなり英語ができる人でも
微妙なニュアンスの事柄を表現するのは、非常にむずかしい。そのとき私たちは、結局は母語に頼らざるを得ない。母語なら、過不足なくたいていのことは表現できる。
 とするなら、英語力を身につけるより、始めから母語の能力を鍛える方が、合理的である。英語の訓練に非常に多くの時間をかけるより、
母語の、すなわち日本語の能力の陶冶に時間を割く方が、はるかに創造的な仕事ができる(厳密には日本語のうちにも多様な「方言」があり、
むしろその方言を母語と感じる人も多いが、ここでは英語との対比を第一に考え、細かな議論には立ち入らないことにする)。

より重要なのは読む能力である
 しかも英語を重視するとしても、一般の人にとっては、話す・聞く能力よりも読む・書く能力を高める方がどれだけ有用かしれない。
話す・聞く能力がついても対話ではふつう対話者一人、あるいは会議等で一堂に会した一定数の人を相手にするだけだが、
読む・書く能力はあらゆる時代・あらゆる地域の膨大な英語文献を相手にできる。
 読む・書く能力を身につけるためには、現状の教育制度で基本的に問題はない。にもかかわらず大学から小学校まで、
英語で授業をするのを当然視すれば、その分、読む・書く能力を高める機会はかなり失われる。
 大学で英語だけの授業が重視されるようになってからまだ日は浅いが、しかし会話重視の傾向はもうかなり前から強まっている。
そのせいか、今の大学生の英語読解力はかなり落ちているという印象を、私は受ける。そうだとすれば、英語での授業が増えることは、ムダというより弊害が多い。

 そもそも、読むことと、聞く・話すこととは、全く異なる訓練を要する別物である。特に聞くためには、おそらく生後そう遅くない時期から
当の言語を集中的に耳にする機会が必要である。だが、そういう機会を得るのは一般に非常に困難であるし、そ
もそもそういう機会・能力を誰もが必要とするわけではない。誰にとっても必要なのは、むしろ読む・書く能力、特に読む能力である。

(続きはサイトで)



【社会】子どもの理系脳、文系脳って本当にあるの?
http://maruttome.blog.fc2.com/blog-entry-1936.html
2: 名刺は切らしておりまして 2017/03/20(月) 10:38:10.07 ID:YY5yvjl5

学校の授業的なのは要らない派。
this is a pen で is を「です」って訳すとか習ったが、今考えたらありえん。

もっと英語てのは適当柔軟な言語で、より身近て楽しいものと言う認識させるようなのがいい。


4: 名刺は切らしておりまして 2017/03/20(月) 10:38:36.75 ID:3W7k2Gij

「英語で授業をすれば読み書きの能力が伸びなくなる」

小学生には早いけど、高校生にもなって英語で英語の授業ができないって何なんですかね…。
中学校の3年間で何を教えていたのかと。


38: 名刺は切らしておりまして 2017/03/20(月) 11:02:30.71 ID:4TjkoRUd

>>4
そもそも英語で授業する事になってるのに中高と日本語でやってるのが間違い
幼稚園でもやってるというのに


114: 名刺は切らしておりまして 2017/03/20(月) 11:46:39.42 ID:wosnDwKM

>>4
全員が英語できる必要性なんて、あんの?


129: 名刺は切らしておりまして 2017/03/20(月) 12:00:41.10 ID:XXNB3svx

>>114
無いよ。
でも英語が出来ない側に回されるのは嫌だろ?


120: 名刺は切らしておりまして 2017/03/20(月) 11:52:45.24 ID:fJeDqScA

>>4
中学英語は時間数が少なすぎる
意欲があって少人数でも
伸びないことがあるのが英会話
それなりの流暢さには素質が問われる

橋下さんの英語話せない発言はズッコケ
弁護士なる努力を英会話にしてないでしょう
っていう


11: 名刺は切らしておりまして 2017/03/20(月) 10:44:40.90 ID:4Bi3FIb+

まずは母国語、つまり日本語で物事を考えられるようになるのが先。
でも、「ちゃんとした」英語教育を早いうちから始めるのは悪いことではない。
が、中学高校の6年間英語の成績がずっと5の子供でも英会話ができないような
今の日本の英語教育をいくら早いうちから始めても無駄。


12: 名刺は切らしておりまして 2017/03/20(月) 10:45:51.99 ID:iWkqz2K6

今時英語を必死になってやって国飛び出すとか発展途上国くらいだろw


47: 名刺は切らしておりまして 2017/03/20(月) 11:05:41.39 ID:4TjkoRUd

>>12
ヨーロッパの一人あたりgdpが高い国はそろって何ヶ国語を反せるのが珍しくないが?


461: 名刺は切らしておりまして 2017/03/21(火) 05:31:49.34 ID:q7+3wkaH

>>47
ヨーロッパの言語なんて、ありゃ一種の方言だよ。だから、数ヶ国語も話せるんだよ。一緒にしちゃ駄目。


375: 名刺は切らしておりまして 2017/03/20(月) 16:51:05.17 ID:nBEqPYPq

>>374
日本が発展途上国?
極端ですね


14: 名刺は切らしておりまして 2017/03/20(月) 10:47:12.30 ID:rWXYzRIM

子供の頃からやったほうがいいと思う。
英語を書くのは大人になってからでも充分できるかど、英語を聴き取るチカラ、
英語が話せるチカラは小さい頃から始めないと難しい。


15: 名刺は切らしておりまして 2017/03/20(月) 10:47:13.23 ID:KrkfZTJ7

古典なくせ、草書とか読めないからやるだけ無駄。あんなの選択で良い
現代国語の時間無くして、ディベート、プレゼン、小論文、読書あたりに変えろ
どうせ未だに旧態以前のクソつまらん授業なんだろ

浮いた時間で英語やれって思ったけど、上記入れたらコマ足りなくなりそうだった


17: 名刺は切らしておりまして 2017/03/20(月) 10:50:55.27 ID:JqPTOdpJ

>>15
つーか、ディベートやプレゼン、小論文こそ本来の現代国語なのだが。
今の国語はただの文学鑑賞と漢字暗記になってるけど。

海外のEnglishの授業はもちろん文学鑑賞もやるけど、
それはあくまで一部であって、ディベートや、プレゼン、
グループワーク、小論文の書き方などを徹底して教わる。
だから白人はそういうのに長けてる。


22: 名刺は切らしておりまして 2017/03/20(月) 10:53:09.97 ID:o992QeeD

>>17
「海外の」ではなく「英語圏の」だろ。海外=英語圏ではない。


32: 名刺は切らしておりまして 2017/03/20(月) 10:59:45.10 ID:JqPTOdpJ

>>22
いや、非英語圏でもそんな感じだよ。韓国とか中国は知らないけど。
もっとも、初学者向けにはESL教材だけど、
それも文学鑑賞はなくてグループワーク中心。
本屋に沢山ESL教材置いてあるから見てみるといい。


95: 名刺は切らしておりまして 2017/03/20(月) 11:26:26.98 ID:KrkfZTJ7

>>17
名称を変えないと、多分ずっと変わらないんじゃないかなぁ
名は体を表すじゃないけど
ていうか、指導要領ってどうなってんのかね


18: 名刺は切らしておりまして 2017/03/20(月) 10:51:13.86 ID:VdIW0ge2

明治時代、日本の文化人が持っている英文読解力はハンパなかった
シャークスピアや蘭学書を原書でバサバサ読み込む奴らがゴロゴロいた
二国間交渉していても逆にアメリカ人の方が日本側に対して
難解な言葉だけどそれどんな意味?と質問するくらいであった

残念な事に、英語スピーキングを重視する事は国力を弱める事に他ならない
交渉中に劣勢に立つと逆転を信じた彼らは薄ら笑いながらこう言うだろう
「君の英語表現は間違っている、言い直したまえ!」

日本語力、英リーディング、ライティングを磨くべし


24: 名刺は切らしておりまして 2017/03/20(月) 10:54:25.32 ID:og5k36U2

>>18
今も昔も一緒だろ
おかしいやつは昔もいただけ
全員ができるかどうかは別の話。


41: 名刺は切らしておりまして 2017/03/20(月) 11:03:50.91 ID:WrsH1xkm

>>18
漢文(支那古典)と蘭学(西洋学問)で鍛えられた旧武士階級が英語をマスターしたからね

講師や教材にはるかに恵まれてる現代人何やってるんだってw


25: 名刺は切らしておりまして 2017/03/20(月) 10:54:54.68 ID:FtBgHmQb

何をしゃべるかだろ
日本人としてのアイデンティティや自らの意思もないのに英語で何をしゃべるんだ
日本語の豊富な語彙や国語力やその他の基礎教養も身に付けずに英語だけ教えても、人材として使えねーぞ


39: 名刺は切らしておりまして 2017/03/20(月) 11:02:31.76 ID:JqPTOdpJ

>>25
英語しゃべるのにそんな大したものは要らないw
よくそういうこと言ってるバカがいるけど、
単に英語勉強したくないのを言い訳してるだけだろ。

英語を正装してワイン片手にパーティーで話すものみたいにイメージしてね?
Tシャツ着ながら話すイメージでいいんだよ。

話題なんてなんでもいい。日本語での会話もそうだろ。
歴史や文学よりアニメの知識の方が喜ばれるぞ。


48: 名刺は切らしておりまして 2017/03/20(月) 11:06:01.19 ID:o992QeeD

>>39
外国人が日本の歴史文化について質問してきても、
「あ、そんなものくだらないですから私は説明
できません。世界市民なんで。」って言うのか?


57: 名刺は切らしておりまして 2017/03/20(月) 11:11:35.33 ID:JqPTOdpJ

>>48
それぐらい小学校レベルの日本史の知識でも答えられるだろ。
それに知らなかったら別の話題に切り替えるとか、
そこから話を膨らませるとかできるだろ。それがコミニュケーションだろ。

海外行って現地民に歴史や文化のこと聞いて見ろ。
日本人で詳しい奴の方が大抵詳しいよ。
バッハやベートーベンのことをドイツ人の若者に聞いてもつまらなさそうな顔をされるだろうね。


36: 名刺は切らしておりまして 2017/03/20(月) 11:01:27.94 ID:HRWzIBXJ

小学校のような基礎の基礎の段階では日本語教育が先。
母国語で思考・コミュニケーションができない人間は英語を使っても
思考ができない。国力が低下するだけ。
それに、外国語は向き不向きがあるから、早く教えても向いてない人間には
まったく意味がないし、向いてる人間はほっておいても自分から覚える。
英語教育は中1からで十分。


40: 名刺は切らしておりまして 2017/03/20(月) 11:03:08.63 ID:HJGi7TBj

愛国心云々じゃなく英語と日本語、どちらにすべきか結論してくれ。
他の国は完全に母国語なんて捨てて英語主義が多いよな。
比較して英語の方が日本語よりも優れてるならそうすべきだし。


45: 名刺は切らしておりまして 2017/03/20(月) 11:04:45.63 ID:b1jGzWld

>>40
母国語でマトモな書籍がないから


51: 名刺は切らしておりまして 2017/03/20(月) 11:07:23.46 ID:4TjkoRUd

>>40
そうか?インドフィリピンとか英語で教育は中学からじゃ?


247: 名刺は切らしておりまして 2017/03/20(月) 14:17:31.77 ID:FawjBiXp

一時間ごと英語だ算数だ理科だとやるから覚えられない、本気でやるつもりなら3か月間英語だけ、2か月間算数だけとかやらなければだめだろ。


251: 名刺は切らしておりまして 2017/03/20(月) 14:20:21.57 ID:RxV7Uihq

>>247
ああ、それはあるね
エビングハウスの忘却曲線も考慮せず、物量垂れ流すのはとんでもない時間の無駄だと思う
IT機器使えば簡単にできることなのに適切な復習タイミング管理しないのは教育の怠慢だよな


257: 名刺は切らしておりまして 2017/03/20(月) 14:24:55.74 ID:Vx6OdBjk

>>251
忘却曲線の学説は現在の語学習得論では
否定されている

復習の最適化をしろというのは同意だけどな


266: 名刺は切らしておりまして 2017/03/20(月) 14:34:06.98 ID:RxV7Uihq

>>257
否定されてるんじゃなくて、連想記憶とか他に影響する要素がありますよって話じゃない?
僕いま3ヶ国語読めるけど、勉強に充てる時間を最短にしようと調整した結果、復習はエビングハウス曲線をカスタマイズしたみたいなタイミングになったよ


278: 名刺は切らしておりまして 2017/03/20(月) 14:45:18.43 ID:Vx6OdBjk

>>266
別に個人のやり方を否定しているわけではない
もはや言語習得の定説ではないというだけ


254: 名刺は切らしておりまして 2017/03/20(月) 14:23:12.24 ID:WqfS25g8

>>247
3か月英語やっても、次の2か月で数学やってる間に忘れてしまう・・・
子供は覚えるのも忘れるのも早いから
日本で子育てしてる外人が、子供のバイリンガルを保つのでさえ、相当努力してる
家族との会話より、周囲の環境優先になっちゃうから


339: 名刺は切らしておりまして 2017/03/20(月) 15:38:13.16 ID:/MxI+y3s

英語は言葉が聞き取れない


369: 名刺は切らしておりまして 2017/03/20(月) 16:33:26.22 ID:p6oZsxa9

>>339
そうなんだよな。
普通、言語って『喋れる(話せる、聞ける)けど読み書きできない』ってのが
お約束だけど、日本の場合は耳からの教育が決定的に足りないんだろうね


373: 名刺は切らしておりまして 2017/03/20(月) 16:43:20.84 ID:oBHs2EX0

>>369
昔 実際に近所であこんな事があった

お袋『かわいい黄色のお洋服ね』
近所の子供『黄色?イエローだよ』 
お袋『黄色でしょ?』 
近所の子供『?、? イエローだよ』

こういう子供が増えないように
まずは日本語を教育してからじゃ無いと外国語教育はいかんよ


345: 名刺は切らしておりまして 2017/03/20(月) 15:49:49.91 ID:5HQR2RAd

時期よりも、日本の英語教育の方法をガッツリ変えたほうがいいと思う。
文法重視とか受験向けの文章読解とか。
会話メインにして、連結や消失などの発音の変化を徹底して教え込むだけでだいぶ違うと思うに。
早口だとListen to me.がリスナミーとかWhat is going on ?がワツゴーナーンみたいに繋がっちゃうパターン教えたり。
映画のDVD見せてセリフのマネさせたり。


350: 名刺は切らしておりまして 2017/03/20(月) 15:54:30.45 ID:Pnae89q3

>>345
文章を読めないと困りそうだが?


353: 名刺は切らしておりまして 2017/03/20(月) 15:58:28.46 ID:5HQR2RAd

>>350
言葉足らずだった。
受験向けの文章読解ばっか力入れるのが良くないって言いたかった。


477: 名刺は切らしておりまして 2017/03/21(火) 07:12:05.27 ID:ho7NpIW0

今から思えば
維新の時に標準語(新日本語)を作るぐらいなら
英語をパクったほうが楽だったし成果も大きかったような気がする


481: 名刺は切らしておりまして 2017/03/21(火) 07:27:59.16 ID:dNaRkFxC

>>477
実際は明治から半世紀くらい
標準日本語の成立にかかっている
政府の動きもゆっくり

あり得たということなら
アルファベット表記だな


スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment